生活とがんと私 Vol.1 永江耕治さん3

最終更新: 5月30日

がんと働く応援団 連載企画 Vol.1

~ 生活とがんと私 ~


長寿大国日本。生涯を通して2人に1人ががんを経験すると言われ

そのうち3人に1人は就労している年齢でがんを見つけています。

いざ自分がなった時、そして周囲の誰かがなった時

慌てず対処するためには、経験者の話に耳を傾けるのが一番です。

”がん=死”というイメージを払拭する為に様々な体験談をお届けしていきます。


【家族との関係・がんになって変わった事】(3/3)


2020 年 5 月 29 日

語り=株式会社エーピーコミュニケーションズ 永江 耕治

取材=一般社団法人がんと働く応援団 野北 まどか

文 =一般社団法人がんと働く応援団 吉田 ゆり 

写真=株式会社エーピーコミュニケーションズ提供


インタビュアープロフィール


お名前:永江 耕治

職業 :株式会社エーピーコミュニケーションズ 取締役副社長

がん種:精巣腫瘍

ステージ:ステージI

治療内容:手術→BEP療法2クール→寛解

1973年生まれ、神奈川県育ち。青山学院大学卒業後、Web制作会社勤務を経て、

2002年に株式会社エーピーコミュニケーションズに入社し、

2008年執行役員、2018年取締役副社長に就任。2012年、業務の傍らMBA(中央大学大学院人的資源管理専攻)を取得。

2010年、36歳の時に精巣腫瘍が見つかり、手術、抗がん剤治療を受け、半年後に復職を果たした。その後は、仕事を続けながら、がんに関わるさまざまな組織役職に就任。現在は「がん医療と職場の架け橋」アドバイザー、「一般社団法人キャンサーペアレンツ」理事も務めている。



目次

APCでの取組事例の紹介&企業担当者へのメッセージ(1/3)

・がん経験ストーリー&働く世代罹患者へのメッセージ(2/3)

・家族との関係・がんになって変わった事  (3/3)


―ご家族との関係はなにか変わりましたか


家族構成は同い年の妻と娘が1人です。当時娘は3歳で、妻は仕事をしていました。

その頃自分は「社会は変わっていく、市場価値は高め続けなくてはいけない、勉強は仕事以外でもやり続けなくてはいけない」と思っていました。

なので、家族を養うため自分がもっともっと頑張らなくてはいけないと思い、仕事以外にもMBAを取得するために社会人大学院に通ったりして、週7日間自分の為に時間を使っていました。病気後もそのスタンスが変わらなかったことで妻に怒られ、反省しました。


がんに罹る前の自分は未来の事ばかり考えていて、目の前にいる家族を見ているようで見ていなかったのです。例えば、3歳の子供を公園に連れて行っても、スマホで仕事の連絡をしたり、いつも仕事をしていました。

子供を見つつも、頭の中ではいつも仕事していて目の前にいる子供を見ていなかったという事に、がんになって初めて気がついたんです。「今この時間、ここにいるというのは重要なんだ」という事にようやく気がついた瞬間でした。今も時々忘れるけど、戻ってこられるようになりました。


―罹患する前とした後の自分を比べてみて変化して良かったと思うところはありますか


がんになった事を隠さずにオープンにしてきた事で、新しい出会いや私を覚えてくれる人が増えました。それは“がん”が人の関心を呼び、自分の人生を豊かにしてくれたということ。


罹患する前は知らなかった「20代~40代でがんになる人がこんなにいるんだ、ただ目立たないだけなんだ」という事に気がついて驚きました。

がんになった方や関わっている知り合いも増えてきました。

こういった友人知人が増えるということは、悲しい事に普通の同世代よりも友人をなくす機会が多いです。しかし、彼ら彼女らに出会えてよかったという気持ちの方が強いです。

がんになった事は、自分の人生にはプラスになっている事が多いと思っています。



―がんと生き続ける人に対してのメッセージをお願い致します。


自分は今、がんに罹患した当時励みになった言葉を胸に生きています。

「がんになる前よりもがんになった後の人生をよりよくすることだってできる。」

がんになったとしてもより良い人生に出来る人はいるし、出来るものだと思います。

そして自分もそういう人でありたいし、伝えたいと思っています。

現に、10年前より悪い人生を送っているかというと今はより充実した人生を送っています。

がんになったから不幸だと悲観していない、大変だったけどよりよく生きているし悪いだけではなかったと思っている。

安易なポジティブシンキングでみんながそうなれるわけではないけれど、

All Or Nothingでもない。そこを知ってもらえたら嬉しいです。



永江耕治さんからのメッセージはいかがだったでしょうか。


感想・コメントはこちらへ https://forms.gle/QYnpW2fwbjPYac5k9





がんと働く応援団では、様々な知見を持った専門家が相談を受付けています。

まずはコロナ期間限定の無料メール相談を活用してみてください。

ご相談はこちらから

オンライン相談室 https://www.gh-ouendan.com/online-counseling


企業むけライフイベントと仕事の両立支援研修の詳細はこちらから

がんと働く応援団サービス一覧 https://www.gh-ouendan.com/service


 
がんと働く応援団-透過ロゴ一社なしWHITE.png

© 2020 一般社団法人がんと働く応援団