生活とがんと私 Vol.2 花木裕介さん3

最終更新: 6月15日

がんと働く応援団 連載企画 Vol.2

~ 生活とがんと私 ~


長寿大国日本。生涯を通して2人に1人ががんを経験すると言われ

そのうち3人に1人は就労している年齢でがんを見つけています。

いざ自分がなった時、そして周囲の誰かがなった時

慌てず対処するためには、経験者の話に耳を傾けるのが一番です。

”がん=死”というイメージを払拭する為に様々な体験談をお届けしていきます。


【子供達へがんの事どう伝えた・がんになって変わった事】(3/3)


2020 年 6月 13日

語り=花木裕介(一般社団法人がんチャレンジャー代表理事 兼 一般企業勤務 )

取材・文=吉田ゆり

写真=ご本人提供


インタビュイープロフィール

お名前:花木裕介

職業 :医療関連サービス会社勤務

がん種:中咽頭がん

ステージ:ステージIV

治療内容:術前化学療法→放射線治療

休職期間:9ヵ月




1979年生まれ。医療関連サービス提供会社勤務。がん罹患者に関わる方専門の産業カウンセラー。2017年12月、38歳のとき、中咽頭がん告知を受け、標準治療(抗がん剤、放射線)を開始。翌8月に病巣が画像上消滅し、9月より復職。社内でがんの経験を活かし活躍を続けるかたわら2019年11月一般社団法人がんチャレンジャーを設立し、罹患者と周囲の良好なコミュニケーションを育む手法の提供をおこなう。2019年2月、「青臭さのすすめ 〜未来の息子たちへの贈り物〜(はるかぜ書房)」を出版。厚生労働省委託事業「がん対策推進企業アクション」におけるがんサバイバー認定講師。

目次

1人で抱えなくてもいい&企業担当者へメッセージ(1/3)

がん経験ストーリー&働く世代罹患者へのメッセージ(2/3)

・子供達へがんの事どう伝えた・がんになって変わった事(3/3)


ーお子さんたちにはどのように伝えましたか

「ちょっと大変な病気になったけど治ると思うから、ちょっとだけ我慢してね」と子供にもちゃんと伝えていました。4歳はどこまで理解するかわかりませんでしたが、小学生は色々気がつきますよね。突然父親が2週間家にいないとか、いつも週末一緒に公園で遊ぶとかしていたのが出来なくなる。何も言わないでおくと不信感を招きかねないので先に「大丈夫だと思うから辛抱してね」という風に伝えました。


ーなぜ伝えようと決めたんですか

”がん”は病院や本にひらがなで書いてあるんです。小学生はひらがなが読めるので、自分が何も言わないうちに「がんって大変な病気!」と別の所で情報を仕入れて不安にさせてしまうより、「情報をある程度与えた方が子供も安心するんじゃないか」と妻と相談して自分たちで伝える事に決めました。


ー伝えた後はどうでしたか

具体的な変化が起きるまではわからなかったようですが、3週間入院して不在にしていた時、「もうお父さんは帰ってこないんじゃないか」と思い泣いた事があったみたいです。しかし、大半はちゃんと歯を食いしばって耐えてくれたみたいですね。今は経過観察をしていますが、会社に復帰もしているし、自分に対しては普通に接してきています。


ー伝えてよかったと思っていますか

伝えてよかったです。隠すより言えるところまで言った方が子供も安心すると思います。「自分にちゃんと伝えてくれた。お父さんの言葉を信じよう」みたいに。疑心暗鬼になられるよりか伝えて安心してもらう方がいい循環が生まれるんじゃないかと経験上思っています。


ー思っている以上に子供は気がつきますよね

隠し事は気づきますね。「なんかおかしい?」みたいな。そしてこちらもオープンにした方

が楽なんです。子供ながらに配慮してくれたり、協力しようとしてくれたり。がんになるのは嬉しい事ではありませんが、おかげで9ヵ月休んでる間、子供はとても成長したと感じました。親が思っている以上に子供には力がありますね。


ーご自身には何か変化はありましたか

2020年上半期はコロナ一色で、お金、仕事、身体の面で不安が社会全体にあると思います。実は自分はそんなに思っていたより不安を感じていません。自分ががんになり、生き死にというところを経験して、色々考えました。その経験が今生きています。全く不安がないわけではないですが、腹がすわってきたというような感じです。今はコロナの影響で自宅待機していますが折角なので子供と一緒に沢山遊び、遊べなかった時期の借りを子供に返しています。自宅待機を命じられ、これはこれでストレスフルですが、ただ不安がるよりはこういう時期だから出来る事をしようと気持ちの切り替えが上手くできるようになりました。


ーコロナに対して必要以上に怖がっていないのですね


ケアする事にベストを尽くすようにしていますが、そうはいっても病気はなる時にはなる。コロナウイルスは気がつかないところでもらっている可能性のあるウイルスです。自分がいくら頑張っても100%避けられるものではない。ある意味がんと似ていますね。

そんなウイルスと共生していく中で後悔しないように生きるにはどうしたらいいかというと、日々一生懸命頑張っておく。「●●になったらどうしよう」と不安になるのではなく、「●●になってもいいように一日一日ベストを尽くそう」と考える。自宅待機で時間があって子供と過ごす時間がある。こういう機会だから時には叱りながら時間を沢山使って今出来る事を一緒に色々やろうと思っています。病気になってより一層強く感じられるようになりました。目の前の事に集中して「今日もよく頑張ったな」と思って寝る。その行動を繰り返すことで、不安も最小限に抑えられていると思っています。


ーなったらどうしようではなく、なっても後悔しないように生きるというのは素敵ですね

過去も未来も気にならないとは言えないけど、極力そこに気をもっていかないように、今出来る事に注力する。マインドフルネスみたいにですかね。周りは変えられないけれど、自分の行動や考えは変えられるので「ストレス減らしながらやれる事をやっていく」事をすれば、不安に呑み込まれにくいのかなと思います。再発転移の恐怖もあるけど、「そうなった時後悔しないように今出来る事をやろう」と自分が考えている事にコロナになり気がつきました。


ーがんになったからこそ得た視点ですか

病気はできることなら経験したくなかったですが、そこから学べることは沢山ありました。こういう立場になった事で同じような経験をした方への共感もしやすくなりました。自分の視野も幾分か広がったと思います。がんが見つかり沢山悩んで辛い思いもしましたが、得られるものもある。同じ罹患者の方もそう捉えられるように頑張って欲しいです。精密検査とか不安を抱えている人もいるかもしれませんが、いずれ状況は変わるしきっと良くなる。ピンチはチャンス。そういう考えも頭に片隅に入れておいて欲しいなと思います。


花木裕介さんからのメッセージはいかがだったでしょうか。

感想・コメントはこちらへ https://forms.gle/QYnpW2fwbjPYac5k9





 
がんと働く応援団-透過ロゴ一社なしWHITE.png

© 2020 一般社団法人がんと働く応援団