生活とがんと私 Vol.4 森田裕子さん


長寿大国日本。生涯を通して2人に1人ががんを経験すると言われ

そのうち3人に1人は就労している年齢でがんを見つけています。

いざ自分がなった時、そして周囲の誰かがなった時

慌てず対処するためには、経験者の話に耳を傾けるのが一番です。

”がん=死”というイメージを払拭する為に様々な体験談をお届けしていきます。

2020 年 9月30日

語り=森田裕子

取材=野北まどか

文 =吉田ゆり

写真=ご本人提供



インタビュイープロフィール

お名前:森田裕子さん 

職業:大学病院勤務

がん種:肺がん(肺腺がん)

ステージ:3A    

治療内容:手術→抗がん剤

休職期間:無し(退職)

再  発:腸骨・腎臓 

治療内容:放射線/分子標的薬服用

休職期間:無し(退職)


1962年生まれ。2013年、肺がんに罹患し、手術と化学放射線治療を経験。2016年に再発治療を行い、現在も分子標的薬を活用した治療を継続中。治療をしながら転職活動を行い、様々な職場と出会い働き続ける。現在も自身の経験を通しがんピアサポーターとしても活躍している。



目次


・自分の経験を伝える事の大切さ

・森田さんのがんストーリー