WE KNOW WHAT TO DO

がんと働く応援団は、

職場の両立支援を円滑に行うべく各分野の専門家とタッグを組み

実務レベルで企業の担当者と従業員をサポートします。

近年、がん治療の目覚ましい進歩と共に、治療を継続しながら職場に復帰できるケースが増えてきました。この動きは今後さらに加速していく事でしょう。

がん治療というライフイベントに直面した従業員が、仕事と治療を両立できる風土へ企業を進化させる事で、社員が互いを尊重し、支えあいながら能力を発揮できる組織になります。

それは巡り巡って、組織の企業価値を上げる事にもつながります。

技術や知識も失うとなると単純な金額だけの企業損益の話ではなくなります。

企業価値が上がるだけではなく、即戦力社員がいなくなることによる現場に与えるダメージを回避する事にもなります。

企業の財産でもある人財をがんにより失うリスクを最小限に抑える手段はあります。

下記の様なケースでソリューションをお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

・何から手を打てばいいのかわからない
・使える制度はどんなものがあるのか知りたい
・本人との面談何を話したらいい?
・がんの事を聞いてもよくわからない
・本人は働きたいと言うが何をしてもらえばいいのかわからない
・周囲になんて説明したらいいか知りたい
・安全配慮義務違反にならないか心配

・他の企業はどうしているのか知りたい

・従業員の検診率が低い

・従業員の定着率を上げたい

​・新しい人が採用できなくて困っている 等

クライアントの現状分析を行い、最適なソリューションを提案致します。

がんと働く応援団-透過ロゴ一社なしWHITE.png

© 2020 一般社団法人がんと働く応援団