top of page

12/10(土)実施「子宮頸がんセミナー」アーカイブ配信実施中!

2022年12月10日の厚木市市民協働提案事業 がん防災セミナー『親子で考える子宮頸がん~検診、ワクチン、本当のこと』第2弾、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。


前回ご好評だった子宮頸がんセミナーに、今回は一般社団法人シンクパール代表理事の難波美智代さんも講師にお迎えして実施しました。また、若手からの質問や会場からの質問時間を多くとって素朴な疑問にもこたえていただきました。


【質問の例】

20歳になったら女性は全員子宮頸がん検診が必要なのか

軽度異形成との診断の場合どうしたらいいのか

何歳まで健診を受ければよいのか

9価ワクチンをまつべきなのか

ワクチンの効果はどれくらいつづくのか



【アーカイブ配信はこちらから】


  配信期間:2023年3月31日まで



マザーキラーと言われる子宮頸がん。りかん率が高い年代はなんと30代(上皮内がん含む)*。日本では毎年約30,000人(上皮内がん含む)がり患し、約2,800人がなくなっています*。 少しでも多くの方に、備えていただくきっかけになれば幸いです。

*罹患-全国がん罹患データ2018、死亡数-全国がん死亡データ2020



素晴らしいセミナーにしていただきました登壇者の皆様、誠にありがとうございました!




閲覧数:137回0件のコメント

ความคิดเห็น


目次1
bottom of page