top of page

がんサバイバーの声を協議会に提出


2022.10月に実施したがんと就労に関するアンケート結果をがん対策推進協議会に提出

2022.11月30日実施 第86回がん対策推進協議会の参考資料として採用されました。


2週間弱という短い回答期限にも関わらず750名以上の方から回答を頂きました。

皆様どうもありがとうございました。


資料題名:がんと働く いま企業内で起きていること





以下、アンケート依頼時文


2007年にがん対策基本法が施行され国としてのがん対策が本格的にスタートしてから、15年が経過しました。2022年秋からは第4期がん対策推進基本計画が厚生労働省がん対策推進協議会で審議され、2022年度末には第4期がん対策推進基本計画が閣議決定される見込みとなっています。


医療の発展により「がんと共生する」社会となった今、がん患者の悩みの質は日々変化を続けています。過去、がん患者支援、治療環境向上を目的とした多くのアンケートが実施されてきましたが、変化し続ける私たちの「今、ここにある声」を、率直にがん対策推進協議会へ提出しませんか?


今回は、「がんと共生」の中でも特に「がんサバイバーの就労支援」のテーマにしぼったアンケートを公益財団法人日本対がん協会が実施いたします。公益財団法人日本対がん協会として、できる限り多くの「リアルな声」を協議会に届けたいと考え、多くの方にアンケートにお答えいただきたくお願い申し上げます。


本アンケ―トの結果は、がん対策推進協議会の阿久津友紀委員を通して、「がんサバイバーの声」としてがん対策推進協議会へ届けるものといたします。


短い期間で恐縮ですが、是非ご回答と合わせて、ご協力いただける方々への情報シェアもお願いできますと幸いです。


◆ アンケート目的

がんサバイバーご本人が感じる「就労支援」に関する声を集め、がん治療と社会生活の両立支援に必要な社会資源およびそれらを活用できる社会風土の一層の整備へ向けた課題を明らかにすること。


◆ 対象者

がんを経験したご本人(がんサバイバー)


◆ 方法

インターネット(URL、QRコード)アンケート主催団体によるメールおよびSNSによる案内。および施主体のネットワークを通じたスノーボールサンプリング方式。


◆ アンケート回答期限

2022年10月25日(火)24:00


◆ アンケート結果報告

アンケート実施団体ウェブサイトにて報告


◆ お約束

回答いただいたデータは、公益財団法人日本対がん協会、一般社団法人がんと働く応援団、がん対策推進協議会阿久津友紀委員により、統計化したします。

本目的以外では使用いたしません。


◆ アンケート実施団体

公益財団法人日本対がん協会 がんサバイバー・クラブ

一般社団法人がんと働く応援団


#経験者の声が社会を変える

#アンケート

#日本対がん協会

#患者支援

#治療と仕事

#AYA

#両立支援



0件のコメント
目次1
bottom of page