生活とがんと私 Vol.11 瀬尾雄司さん


長寿大国日本。生涯を通して2人に1人ががんを経験すると言われ

そのうち3人に1人は就労している年齢でがんを見つけています。

いざ自分がなった時、そして周囲の誰かがなった時

慌てず対処するためには、経験者の話に耳を傾けるのが一番です。

”がん=死”というイメージを払拭する為に様々な体験談をお届けしていきます。



インタビュイープロフィール



お名前:瀬尾雄司さん 

職 業 :会社員

がん種:多発性骨髄腫    

休職期間:2018年12月~2019年6月







27歳の時に多発性骨髄腫と診断される。20代での発症は非常に珍しいため、発見までに少し時間がかかってしまい入院治療となる。同時に仕事のことや今後の人生について色々考えることになり、周囲の理解を得ながらがんになっても働きつづられる環境を自ら作り上げる。自分の体験をもとに、AYA世代として仕事とがん治療の両立についての情報発信を積極的に行っている。


目次


・原因不明の腰痛が・・・

・休職して気づいたこと

・転職活動で仕事と治療の両立

・人事担当者と両立を目指す方へのメッセージ