ライフネット生命保険株式会社 両立支援に対する取り組み

GHO連載企画 治療と仕事の両立支援に取り組む企業様インタビュー

高齢化社会・女性の社会進出・医療技術の進歩・定年制度の見直し等

企業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

企業を支える社員が安心して、ライフイベントと仕事の両立を図れる環境を提供する事で

経営陣と共に、企業を成長させる一員として社員が独自のスキルを使い活躍してくれることでしょう。

そこで先陣をきって両立支援の取り組みを行っている企業様の事例からヒントを得られるようインタビューし、ご紹介していきます。

2020 年10月 8日

語  り=ライフネット生命保険株式会社

     西田政之氏(取締役副社長兼CHRO)

取材・文=一般社団法人がんと働く応援団 

      吉田ゆり

写  真=ライフネット生命保険株式会社提供


インタビュイープロフィール

お名前:西田政之氏 

職業:ライフネット生命保険株式会社

   取締役副社長兼CHRO


大学卒業後、証券系投資信託会社でファンドマネージャーを経験。その後、英系投資顧問会社の法人営業を経て、米系資産運用コンサルティング会社にて事業開発担当ディレクターを務める。2004年に米系組織人事マネジメントコンサルティング会社であるマーサーへ転身。取締役クライアントサービス代表を経て、2013年取締役COOに就任。その後、2015年にライフネット生命保険株式会社に転じ、取締役副社長に就任。2018年7月より株式会社スポーツワン社外取締役、2020年4月よりネッツトヨタニューリー北大阪株式会社社外取締役を兼務。日本証券アナリスト協会検定会員。MBTI認定ユーザー。

目次

・ライフネット生命保険株式会社のがん治療と仕事の両立支援取組事例紹介

・今後の企業に求められダイバーシティとは