【一人で悩まない、抱えない。専門家たちの活用方法】  第二回:スクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラー ~お子さんとの向きあい方~

更新日:2020年9月2日



がんの患者さんやサバイバーさんを病院内外で支えている専門家の方たちをご紹介するシリーズです。

その方たちのことを少しでも身近に感じていただいて、いざという時の頼り先として知っておいていただければと思います。


今回は、がんと働く応援団でも活躍いただいているお二人の専門家にご登場いただき、お子さんとの向き合い方についてお話いただきます。


  • 武田亮子さん:社会福祉士、精神保健福祉士、国家資格キャリアコンサルタントの資格をもち地域統括支援センターでソーシャルワーカーとしてお仕事をされています。都立高校のSSWとしてのご経験もお持ちです。


  • 宮崎加奈子さん:臨床心理士のお仕事をされ、前回もご登場いただきました。実は小学校のSCとしてもお仕事をされています。



<目次>

1.お子さんへの伝え方

2.伝えた後のケア

3.ソーシャルワーカーとソーシャルカウンセラー

4.最後に

【1.お子さんへの伝え方

Q:武田さんご自身も、がんサバイバーでありお母さまでもいらっしゃるのですよね?

武田さん(武):そうなんです。2016年に稀少がんである十二指腸がんが見つかり、13時間におよぶ手術、その後補助療法として抗がん剤治療をおこないました。おかげさまで今は落ち着いており、ソーシャルワーカーとしての相談業務も違う形はありますが継続させていただいております。子供はがんの診断当