【一人で悩まない、抱えない。専門家たちの活用方法】 第四回 キャリアコンサルタント、ファイナンシャルプランナー ~お金と仕事~ 


第一回目「不安の対処の仕方」、第二回目「お子さんとの向き合い方」、そして第三回目は「相談支援センターのご紹介」をしてきました専門家の活用方法シリーズ。最後はお仕事とお金がテーマです。キャリアコンサルタントである「がんと働く応援団」の代表理事の吉田と、ファイナンシャルプランナーの芝原さんにお話を伺ってきました。


プロフィール

芝原有可子さん:ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、現在も銀行の支店にてさまざまなお客さまのお金にまつわる相談業務を実施している。ご主人ががんサバイバー&国指定難病キャリア。

吉田ゆり:卵巣がんサバイバー。人事の経験を生かしてキャリアコンサルタントとして独立し生活仕事の相談業務を受ける。がんと働く応援団代表理事。


<目次>

1.芝原さんのご経験

2.お金についての考え方

3.お仕事への向き合い方



【1.芝原さんのご経験】

Q:芝原さんはご主人が、がんサバイバーなのですね。

芝:そうですね。私たちには娘が2人います。ちょうど主人が倒れたとき、まさに上の娘が大学生、下の娘が高校生なるタイミングで、どちらも一番学費がかさむことが見えていた瞬間でした。

ファイナンシャルプランナー 芝原有可子さん

Q:どうのりきったのですか?

芝:実は治療費については、がん保険に入っていたことと、別の病気を併発し、それが国の難病指定疾患であったこともあり助成金を利用することで救われました。ただ、一家の大黒柱が倒れてしまい、その上主人が個人事業主でしたので保障もなく、すぐに収入がゼロになってしまいとても厳しい状況でした。当面の生活の問題は学費と住宅ローンでした。学費に関しては、学資保険と少しばかりの貯蓄がありましたが、それでは足りないことがはっきりしていました。住んでいる地域に、家計急変世帯向けの奨学金があることを見つけ、学校(高校)の協力を得られたことでなんとか申請に間に合いました。一方、我が家の住宅ローンについては、三大疾病に対しての保障がついていない保険に加入していたので「がん」と診断されても住宅ローンは引き続き支払わなければなりませんでした。